夢を詳しく書く

夢日記です。

 家の中にゴキブリがいた。お父さんを起こして殺虫剤で退治してもらった。と思ったらまたゴキブリがどこからともなく現れた。今度は私が倒した。またゴキブリが現れた。また倒した。またゴキブリが現れた。また倒した。こうして系4匹のゴキブリの死体が出来上がった。私はそれを三枚重ねたビニール袋に入れ、ゴミ箱に捨てた。

 そうこうしているうちに家を出る時間がやってきた。今日は母校の部活訪問にいかなければいけないのだ。母校の音楽室に足を運ぶと、久々に会う面々が揃っていた。成り行きで楽器を吹くことになってしまい、私は自分のオーボエを持ち席に着いた。隣には現役の学生がいて少し戸惑った。私はまず楽器を吹けるかどうかが怪しかった為練習をしたが、指が思うように回らない。隣にはなぜかコマチがいて、クラリネットを吹いていた。「もしかしてコマチは私が知らないだけで出身校が同じなのか...?」と考えたが、聞けずに終わった。

 休憩中、もりと話した。もりは何も変わっておらず、まるで中学時代に戻ったかのような錯覚を覚えた。休憩終了のチャイムが鳴ったため席に戻ろうとしたときもりに肩が当たってしまい、もりのファゴットが壁にぶつかってしまった。その瞬間、もりは凍てついてしまうのではないかと錯覚する程冷たい目で私を見た。私はその目を見て、蛇に睨まれた蛙の如く動けなくなってしまった。脳みそはこんなときでも正常に動いているわけで、私は「またこの目だ。中学のときいろいろな人からこの目を浴びせられたな」とか「少しベル壁にが当たったくらいでこんなに怒るものなの?壊れるわけじゃあるまいし。」とか「でも少し申し訳ないなあ」とか、実際の時間では二秒くらいしか経ってないが体感では一分間くらい睨まれた感覚だったので様々なことを考えた。まっちょが「もり、もう練習だよ」と助け舟を出してくれたお陰でもりの目からどうにか解放された。

 その日はばあちゃん家に泊まる予定だったのでばあちゃん家に向かった。夕飯を食べ、お風呂に入り、さあ寝ようと思った矢先にりさちゃんから電話が来た。「明日の原宿、何時からにしようか?あの綿あめ人気だから結構並ぶよね。朝早く行く?」と言われ、私は最初何のことか分からなかった。しかし、少し前にりさちゃんと原宿限定の大きくてカラフルな綿あめを食べに行こうと約束していたことを徐々に思い出した。私は慌てながら「え〜そうだね、どうしよっか...」と慌てていることを悟られないようにしながら会話を続けた。

 地下通路のような湿っぽい暗い場所できまると会った。

 ハイボール、ホッピー、ワイン、日本酒を沢山飲んだ。

 縄研の先輩と最寄り駅で偶然遭遇し、一緒に飲みに行くことになった。先輩といっても私が知っているのは二人だけで、あとの三人は初対面の人だった。会話はそこそこ盛り上がり、「また皆さんで飲み会行きたいです」と私が言ったら一瞬沈黙が流れ、「うん、また今度ね!」と笑顔で言われた。行きたくないんだなと察した。

 飲み会の〆ということでケーキを頼んだ。想像以上にバカでかいケーキが運ばれてきた。これはスコップケーキといって、切り分けるのではなく大きなスプーンですくいとって食べるケーキだという。先輩方が寄ってたかってケーキをすくいとるので、私も負けじと先輩方を押しのけながらケーキをすくって食べた。

 飲み会はお開きになり、駅前で別れた。飲み会後に一人になるのは非常に寂しい。私は少し酔いを覚まそうとコンビニに寄って水を買うことにした。どうせならオシャレなボトルで飲みたいと思ってパッケージデザインがより優れているものを吟味した。

 ロックリーの子供、メタルリーと公園の砂場で遊んだ。「メタルのお母さんは誰なの?」と聞いたら砂をいじりながら「いるよ」と答えてくれたが誰だかは教えてくれなかった。

 おなカマ旅行で兵庫県にある名古屋市に訪れた。ホテルへ向かったが、かなり年季の入ったホテルだった。皆で荷物を置いてから観光へ向かい、そこで私はタコせんべいを食べた。

 ホテルに泊まり、4時頃に目が覚めた。こんなに早い時間に目が覚めたのはホテルの薄汚い淀んだ空気のせいだ。新鮮な空気でも吸おうと思い、外へ出た。外は今にも雨が降り出しそうな曇天で、ますます気分が憂鬱になった。入口の階段でよしボールさんが煙草を吸っていたので、声を掛けて一緒に散歩をした。二丁魁の話をしながら歩いていると、前から思いっきりヤクザだと分かる風貌の男が5人歩いてきた。私は「うわ。名古屋のヤクザだ。怖そうだな絡まれないといいけど大丈夫かな」と内心かなり警戒した。すれ違うとき、身体が触れないように細心の注意を払いながら歩いた。ヤクザは堅気には興味がないのか、私とよしボールさんは何事もなくヤクザを回避出来た。

 宿に戻ると皆既に起きていた。朝の支度をして、ホテル前に集合した。今日の予定はテーマパーク観光だそうだ。そこでMVの撮影をするらしい。

 テーマパークは廃墟の如く寂れていた。これでも一応営業しているというのだから驚きである。私達はその中の室内型アトラクションに入った。そこで皆で踊

 ガイ班と一緒に青い池に行った。ものすごく深く鮮やかな青い池で、まずリーが飛び込んだ。その次にガイ先生に「よし睦季!飛び込め!!」と言われた。ネジやテンテンは私がそんな勇気がない奴だと知っているので期待していないことが顔に出ていた。しかし私はそのときハイになっていたので何の躊躇もなく飛び込むことが出来た。