夢を詳しく書く

夢日記です。

バイト先 渡辺くんと大垣くんと間宮くんと小池さん ラスト サソリの絵を描く 人が入ってくる 点検のおじさんだった 帰る 寝る 起きる 学校へ行く 家を出る ものすごく暑い 左の道を行く 田んぼがある 蛙が死にかけている 助ける また歩く エリナに会う 話す …

私は群馬県のとある森で起こった悲惨な爆発事故の現場に向かっていた。バスには10人乗っていた。その森には麻薬中毒者の更生施設があり、患者が爆発事故を起こし施設内にいた多くの患者及び職員が死亡したという痛ましい事件が起こった廃墟だ。何故私がそこ…

部屋でゴロゴロしていると、久々にバイト先の元先輩である浅川さんから連絡があった。「相談したいことがあるから会えない?」とのことだ。その日はおばあちゃんの面倒を見なければいけない日だったので、「7時からなら大丈夫ですよ」と送った。「7時からで…

学生最後の夏休み、私はタンクトップを着て居間でゴロゴロしていた。暇なのでテレビを付けると、見たことがある風景が映った。ばーちゃん家のすぐ近所が映し出されていた。どうやらある事件の犯人の自宅がばーちゃん家のすぐ近くらしい。「ここが犯人の住む…

季節は冬で、雪の降る夜だった。九州からやっちゃん達が泊まりにきて、NARUTOの暁のメンバーが遊びにきた。皆で近くの銭湯に行くため車二台を走らせた。一台目はお父さんが、二台目はデイダラが運転した。銭湯に着き、ゆっくり風呂に浸かった。再従姉妹のあ…

千葉のど田舎に引っ越すことになった。急な引っ越しだったため私は嫌がった。大学はどうするのか、趣味のライブ鑑賞に行けなくなるではないか等の心配事が沢山あった為、母に「引っ越ししたくない、してもいいけど私だけこっちに残りたい」と抗議したが、「…

街が洪水で水浸しになってしまった。町の人は皆小学校の体育館に避難し、そこで一夜を明かすことになった。私は身体に羽毛布団を巻き付けながら体育館へ通じる階段を登った。周りの人から怪訝な目で見られたが、寝るのに必要な布団だから周りなんか気にして…

家の中にゴキブリがいた。お父さんを起こして殺虫剤で退治してもらった。と思ったらまたゴキブリがどこからともなく現れた。今度は私が倒した。またゴキブリが現れた。また倒した。またゴキブリが現れた。また倒した。こうして系4匹のゴキブリの死体が出来上…

地下通路のような湿っぽい暗い場所できまると会った。

ハイボール、ホッピー、ワイン、日本酒を沢山飲んだ。

縄研の先輩と最寄り駅で偶然遭遇し、一緒に飲みに行くことになった。先輩といっても私が知っているのは二人だけで、あとの三人は初対面の人だった。会話はそこそこ盛り上がり、「また皆さんで飲み会行きたいです」と私が言ったら一瞬沈黙が流れ、「うん、ま…

ロックリーの子供、メタルリーと公園の砂場で遊んだ。「メタルのお母さんは誰なの?」と聞いたら砂をいじりながら「いるよ」と答えてくれたが誰だかは教えてくれなかった。

おなカマ旅行で兵庫県にある名古屋市に訪れた。ホテルへ向かったが、かなり年季の入ったホテルだった。皆で荷物を置いてから観光へ向かい、そこで私はタコせんべいを食べた。 ホテルに泊まり、4時頃に目が覚めた。こんなに早い時間に目が覚めたのはホテルの…

ガイ班と一緒に青い池に行った。ものすごく深く鮮やかな青い池で、まずリーが飛び込んだ。その次にガイ先生に「よし睦季!飛び込め!!」と言われた。ネジやテンテンは私がそんな勇気がない奴だと知っているので期待していないことが顔に出ていた。しかし私…

私はひたすら誰かから隠れていた。自宅の1階はここだけ時の流れが外の10倍速いのではないかというくらいボロボロになってしまって、まるで廃墟の様な出で立ちであった。家具はほとんどなくなり、壁紙はボロボロでほぼ全て剥がれていた。そして台所の真ん中…

スカートを履き忘れたまま下北沢に来てしまった。上はちゃんと着ているのに下半身だけパンツという格好に周りの好奇の目が痛かった。しかし幸いここは下北沢だ。服屋ならたくさんある。どうせ買うなら自分の気に入ったものを買おうと思い、パンツのまま服屋…

ゴテゴテとした造りの建物に入った。地下はライブハウスになっており、今日はドラッグクイーン達のショーがあるからだ。エレベーターで地下まで向かい、扉が開くと白いタキシードを着てお面を付けた五人組が出迎えてくれた。そのうちの一人の顎の形に見覚え…

部屋の模様替えをした。お母さんが「ベッドの位置を変えよう」と言ったので、ドアの前の壁にベッドを置いたら出入りがものすごくしづらくなった。変な助言をしたお母さんを恨んだ。

岩井くん、伊藤くんと夕暮れ時にお酒を飲みながら歩いていたら、陽気なデオキシスが空中で遊んでいた。岩井くんと伊藤くんが声を掛け、三人は子供のようにはしゃぎながら遊んでいたが、私はデオキシスに興味がなかったので三人が遊んでいるところを少し離れ…

緒方と一緒に大学へ向かっていた。横浜線は改装工事が終わったようで、二車線になっていた。せっかくなので始発で向かうことになり、緒方の家の前で待ち合わせをしてから、ほんのりと薄明るくなってきた町を一緒に歩いた。駅に着き、電車を待った。電車が到…

新宿、菊名駅前の古ぼけたオープン飲み屋、その隣の小綺麗なバル、私の部屋 石原さとみ、小栗旬、まさゆき、お父さん、緒方、イザワさん、きたはらさん、二丁ハロ

私は中学生だった。学年は自分でも分からなかったが、髪の毛が真っ直ぐなのできっと中二か中三だろう。理科のテストで赤点を取ってしまった。絶望的な点数だった。そんな私を見かねて理科の担任の下斗米先生は補習課題を出して下さった。この課題を完璧に出…

ぺいが泣いていたので抱きしめてなぐさめた。背中をよしよしとさすった。バスタオルで涙を拭いてあげた。「何か嫌なことがあったの?」と声をかけた。

お母さんがホットケーキを焼いてくれた。しかし、表面に蜂蜜を塗ってから焼いたのか表面はベタベタの黒焦げで、中は生焼けでとても食べれたものではなかった。お母さんはまだホットケーキを焼いている。私は「代わりに作るからお母さんは座ってて」と言って…

りおちゃんを怒らせてしまったので土下座して謝った。りおちゃんは土下座する私を見下しながら「あんかけ焼きそば!あんかけ焼きそば買ってきて!!」と言った。私は慌ててほっともっとへ駆け込み、あんかけ焼きそばを注文した。

私はテレビマンで、とある民族のドキュメンタリーを撮るためにとある国へ行った。私たちを受け入れてもらえなかったらどうしようという不安が募り、最悪の事態も考えていたが、民族の人達は皆友好的で私の不安は杞憂に終わった。 その民族は日本人が考える民…

知らない子供たちと古い屋敷に行った。ディズニーランドのホーンテッドマンションのような屋敷で、庭には池と小川があり、カエルや小人等の動く石像が置いてあった。カエルの石像は飛んでいたハエを舌でキャッチして食べていた。わたしは「この石像はいくら…

大学の行事で同じ学科の皆で海に行った。四人一組でランダムで班を組まされ、部屋はその班の人と一緒になるそうだ。私の班は同じクラスの上野くんと、顔は知っているが話したことがない男女2人と一緒になった。私は同じクラスだとは言え上野くんと一度も話し…

叔母の加代子と祖母と三人でレストランにきた。三人で談笑しながら食事をしていたが、加代子が仕事の都合で途中で退席してしまった。祖母は足が悪いので、帰りは私が祖母を乗せて運転することになった。 祖母は後ろの席に乗りながら「睦季の運転怖いわー」と…

右目を守るためにお父さん以外の家族全員でお母さんが大量に買ってきた眼帯を装着した。しかし普通の医療用眼帯ではなくコスプレ用の黒い眼帯だったため、家族全員が厨二病のようになり少し恥ずかしくなった。

バイト先にラテン系の女性が新人として入ってきた。身長が175cm以上あるスタイルが良い長身の美女で、日本語はまだ拙かったが性格はとても明るく、いるだけで周りが明るくなるムードメーカーだった。皆その人のことが大好きになった。 ある日、日曜日の夜の…

弟の誕生日だったので、母、妹、祖母、叔母で誕生日パーティーをすることになった。場所は原宿にあるレストランだ。私は大学の特別講義があるため遅れて行くことにした。 特別講義は任意参加だったが、私が一番好きな先生の講義なので進んで参加した。外部か…

私は夜行バスに乗っていた。一人旅が終わり家に帰る為だ。途中で他の目的地のところでバスが止まり、乗客が乗ってきた。私の隣に座った人から「むっちゃんじゃない?」と声を掛けられた。隣に座った人はさやちゃんだった。私は「さやちゃん!偶然だねー」と…

私は副都心線に乗るために切符を買おうと券売機に並んだ。順番が回ってきたのでタッチパネルを押す。いつものように金額の数字が並んでいたが、いつもと違うところは「除菌」と書いたボタンがあるところだ。私は興味本位で除菌のボタンを押してみた。すると…

吉山さんが誕生日だったのでプレゼントを渡そうと思い、彼女にLINEをした。『今、学校で印刷しているから学校で待ち合わせでもいいかな?』と返事がきた。『了解。今から行くね!』と返事を打ち、プレゼントを持って早速多摩美へ向かった。既に春休みが始ま…

りおちゃんと有働くんと菊名を歩いていた。横浜線に乗って三人でどこかへ行こうという話になったからだ。電車が発車するまで五分程時間があったので近くのセブンイレブンに寄った。私は特に何か欲しいものがあったわけではないので適当に店内をウロウロした…

朝起きたらところ天の助だった。

りんご音楽祭に行くことになった。メンバーはハトリーヌさんと初対面の人10人くらいだ。二つに分かれて車二台で行くようで、私は後部座席の真ん中に座っていた。 ハトリーヌさんは私の右側に座っており、唇と顎と目の下にびっしりとボディステッチをしていた…

私は毎朝図書館に自転車を止めてから駅に行っている。本当はいけないことなのだが、駅から一番近い自転車置き場は毎日早朝で満車になってしまう。そこで、駅から歩いて七分のところにある図書館の駐輪場に止めている。この日も例に漏れず図書館に自転車を止…

ひょんなことから大学の教授であるヲノ先生と二人で飲みに行くことになった。「知り合いが経営しているお店に行くから仮装して来るように!」と言われた。わけが分からなかったが、とりあえず先生の言う通りにしていれば問題ないだろうと思い、「了解しまし…

私は高級そうなホテルに滞在していた。ここが一体何処なのかは定かではなかったが、外の景色からハワイやサイパンなどのリゾート地だろうと推測した。ホテルの内装はネイビーとシルバーとゴールドを主な配色として使用しており、絵に描いたような高級ホテル…

財布の中身を見ると、札だけが全て無くなっていた。本来ならば一昨日に日払いバイトで貰った給料7000円と銀行で下ろした2~3000円が入っているはずだ。何かに使った覚えもないが、昨日は一日中部屋にいたので誰かに盗まれたとも考えにくい。ともすれば、私が…

私はパリにいた。正確に言うと、パリに行ったことがないのでここが本当にパリなのかは分からなかったが、ここはパリなんだろうとなんとなく察した。 パリにいる人達は皆おしゃれで、上質で洗練された素敵な洋服を着ていた。「さすがパリだ。雰囲気や人すらお…

十和田美術館へ遠足へ行くことになった。他の人達はグループで行動していたが、私は一人で行動していた。 途中で吉山さんとかほちゃんを見かけたので話しかけた。するとかほちゃんに凄く冷たい目で見られた。その目は紛れもなく私に対する嫌悪の目だった。ど…

横浜アリーナで免許合宿のとき同じ部屋だった栃木の女の子に偶然出会った。女子大生というものの大半は久しぶりに友達と出会うと「キャー久しぶりー!」と甲高い声で叫び、手をバタバタと振りながら小走りで近づいて来るものだが、その子も例に漏れずそのよ…

二丁ハロの遠征のためにフェスに行った。ミキティーは化粧とカラコンを変えたらしく、ヤマンバメイクで登場した。写真を撮ってとせがまれたので写真を撮って、「今のメイク変だよ!前のほうがいいよ!」と言いながら見せた。ミキティーは写真の確認だけする…

夜、電車に乗っていたら偶然なおちゃんに会った。久しぶりに会えたことを嬉しく思い、飲みに行くことにした。しかし、今の時間から飲むと確実に終電を逃してしまう。次の日はイベントのバイトがあるがどうにかなるだろうと思い、何よりなおちゃんと飲みに行…

マリオカートのレインボーロードのような道路を車で走っていた。走っている間、誰かの記憶が頭に流れてきた。 記憶の中では、私はどこにでもいるごく普通の男子小学生だった。場面は運動会で、クラスメイトに小学生時代の十四代目トイレの花子さんがいた。ま…

ぺいと河原を歩いていた。天気は曇りで、雨の匂いがする。ぺいは相変わらずいたずら好きで、私に変なちょっかいをかけてくるが、私は大好きなぺいにそれをされるのが嬉しくてたまらないのだ。 子供みたいにワーワー騒ぎながら歩いていると、ぺいが河原の階段…