読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を詳しく書く

夢日記です。

 お母さんがホットケーキを焼いてくれた。しかし、表面に蜂蜜を塗ってから焼いたのか表面はベタベタの黒焦げで、中は生焼けでとても食べれたものではなかった。お母さんはまだホットケーキを焼いている。私は「代わりに作るからお母さんは座ってて」と言って台所に立った。私がホットケーキの素を泡立て器で混ぜていると、お母さんがその中にサラダ油をドボドボ入れた。私はお母さんからの突然の嫌がらせにただ呆然と立ち尽くした。