夢を詳しく書く

夢日記です。

 縄研の先輩と最寄り駅で偶然遭遇し、一緒に飲みに行くことになった。先輩といっても私が知っているのは二人だけで、あとの三人は初対面の人だった。会話はそこそこ盛り上がり、「また皆さんで飲み会行きたいです」と私が言ったら一瞬沈黙が流れ、「うん、また今度ね!」と笑顔で言われた。行きたくないんだなと察した。

 飲み会の〆ということでケーキを頼んだ。想像以上にバカでかいケーキが運ばれてきた。これはスコップケーキといって、切り分けるのではなく大きなスプーンですくいとって食べるケーキだという。先輩方が寄ってたかってケーキをすくいとるので、私も負けじと先輩方を押しのけながらケーキをすくって食べた。

 飲み会はお開きになり、駅前で別れた。飲み会後に一人になるのは非常に寂しい。私は少し酔いを覚まそうとコンビニに寄って水を買うことにした。どうせならオシャレなボトルで飲みたいと思ってパッケージデザインがより優れているものを吟味した。