夢を詳しく書く

夢日記です。

 学生最後の夏休み、私はタンクトップを着て居間でゴロゴロしていた。暇なのでテレビを付けると、見たことがある風景が映った。ばーちゃん家のすぐ近所が映し出されていた。どうやらある事件の犯人の自宅がばーちゃん家のすぐ近くらしい。「ここが犯人の住むアパートです」とレポーターが言い、古い木造建築のアパートが映し出された。「容疑者はこの204号室に住み〜」とレポーターが扉の前まで行き、204号室がでかでかと映し出された。犯罪者にはプライバシーも守られないんだなと考えながらぼーっと見ていたが、私はとんでもないものを発見した。映し出された扉の横にあった窓にばーちゃんと犯人が写った写真が立てかけてあったからだ。二人は知り合いだったのかと驚愕した。

 どうやら犯人は女子高生を誘拐し、誘拐された子を殺害したらしい。殺害された女子高生の顔を見て私は再度驚愕した。それはあきちゃんだった。